FC2ブログ

※ブラウザ最大化推奨

パカパカ作戦を開始します! 19年1月19日(土)

2019年01月19日 08:37

作戦開始
これよりパカパカ作戦を開始します!!

ぬーん…悪くはないけど連敗中な2019年開催。
いまだに万馬券が出てきてないのでそろそろブチかましたいところです。
土曜日は買いたい馬が明確なので割と絞った馬券になりそう。
単複、馬連ワイド、この辺を中心にしつつもし大本線で決まったら跳ねるように
ボーナスで三連複・三連単を買っていく形にしよう。

月曜日より勝負レースは絞った!結構自信もある!!
がんばるぞい!!





京都7R D1400 500万下 13:25発走予定 勝負度D
◎13 ソリストサンダー (3番人気)
1年3カ月ぶりの実戦かつ西村騎乗で3着馬からクビ差4着なら上々の出来。
高倉に戻してきたことからも勝負気配が感じられるし、プラタナス賞を見ても距離延長は歓迎だろう。

○8 アシャカリアン (2番人気)
前走、2走前と同舞台で好走しており、前走組では勝ち馬が昇級初戦二着、6着馬が次走勝ち上がりと
メンバーレベルとしてはそこそこだったし、休み明けが問題なければ勝ち負けまで。

▲4 メイショウギガース (4番人気)
半年ぶりかつ慣れない1200かつ超差し決着とそら無理よな前走だったが
もともとこの条件で3着していたり、未勝利、500万下勝ち上がりも京都1400だった。
ただ負かした相手が弱いのでメンバーレベルには疑問が残るためこのぐらいに。



中山7R 芝2200 500万下 13:35発走予定 勝負度B

◎10 シゲルシイタケ (11番人気)
中山では2戦しかしてないが2着→1着と来ていて、負けた相手がパイオニアバイオだし、未勝利勝ちのレースでもロシュフォールや500万下で勝ち負けしているスズカロッソ等を下していることからメンバーレベルは高かったと思われる。
勝ち上がり後の東京2000mは適正条件だったが、武豊の暴走に巻き込まれ惨敗。
とはいえ1着はレイエンダ(セントライト記念2着)、二着馬はドミナートゥス(その後3連勝でOP入り)とこちらもかなりハイレベルなメンバーだった。
平坦コースではさっぱりだが坂コースでは好走しており、得意コースに戻る今回は絶好の狙い時とみた。


○1ヒシヴィクトリー (2番人気)
内枠は微妙だが前走も16頭立てで4番だし、気にはなるがこなせるはず。
戦ってきた相手は中々強く、距離延長さえ問題なければ勝ち負けか。



中京8R D1900 500万下 13:45 勝負度C

◎5 ジェミニズ (6番人気)
前走は3角から徐々に加速し、上がり最速を出して2着まできたものの
位置取りだけで決まってしまい、差し切れずといった結果だった。
勝馬こそ、次走も勝っているが位置取りだけで上位に来た3着、5着馬は次走大敗。
最も強い競馬をした本馬の再度の好走を期待したい。
枠が内気味なのは気になるが前走も12頭立てとはいえ3番だったし、同じような競馬をしてくれれば。


○11 ヒルノアトラーニ (3番人気)
ジェミニズを評価するならこちらも当然評価。
無駄に道中足をつかってしまい、最後キレずに4着。
完全な騎乗ミスだし、現級は既に勝っていることからも引き続き狙いたい馬。



中京11R 芝2000 1000万下 15:25 勝負度E
◎2 アロハリリー (1番人気)
前走は大外枠ながらスッと先行して、上がり二位でかけあがり、最終ラップこそ遅くなった(それでも11秒台)が
後半が11.8 - 12.0 - 11.4 - 11.1 - 11.9とかなり早いラップを刻んでいる。
今回も徹底先行タイプはおらず、自分の競馬ができればこの馬が最も強いか。
6戦ながら連対を外したのは一度だけでそれも3着、さらに中京では1-0-1-0と負けなしの戦績。
斤量が1kg減の52kgなのも魅力でメンバー的にも頭固定で行きたい。


○10 レイリオン (4番人気)
大外とはいえ小頭数なら問題ないと判断し、レイリオンを二番手に。
テンが早く、逃げなきゃいけないメンバーもいないのでこの馬はハナを切るとみている。
鞍上は不安だが5走前の同舞台はメンバーレベルが高いなか2着に好走し、同程度に走れば十分勝ち負けできる。



京都11R D1400 OP 15:35 (勝負度C)

◎6 ドライヴナイト (4番人気)
流石に人気するだろうが京都の1400は無類の強さを誇るドライヴナイトも外せない。
キャリア6勝のうち4勝が京都で昨年の同レース覇者でもある。
前々走は謎の1200m起用、その前は地方合わず、その前は不良馬場と馬柱がけがされているが
前走では久しぶりにまともな走りが見え、まだ能力に陰りが無いことが分かった。
得意条件に戻れば突き抜けるまであるか。


○2 スマートダンディ (3番人気)
京都では連対率100%とパーフェクト。
自在性のある馬で逃げでも差しでも勝利経験があるのが魅力的。
明らかに平坦巧者でありながら東京・中京・阪神で使われており、久しぶりの京都で昇級即勝利に期待。


▲4 タイセイエクレール (11番人気)
前走は休み明けかつ1200mかつ大幅出遅れと好走条件は何もなかったが
1400ならデムーロ騎乗とはいえファッショニスタを抑えて勝っている
ダート1400なら16戦して4着以下は5回と優秀(4-2-5-5)だが京都成績はイマイチなのがネック。
ただ1600万下の敗戦は1000m58.8という大暴走に巻き込まれたり、大外枠に泣いたりと理由はつけられるか。
OPにしてはレベルの低いメンバーが揃っているため、人気しないのなら大いに買いたい。


☆3 ヴェンジェンス (1番人気)
ルメール騎乗で過剰人気するとは思うが勿論ヴェンジェンスも強い。
とはいえ、本命対抗に比べると京都に関しては一歩劣るのは間違いなく、
そこをルメールで埋めてこれるか否かにかかっている。


△10 ヒデノインペリアル (6番人気)
年齢を重ねるにつれ短い距離の方が好走するようになり、ここ2年は特に顕著に表れている本馬。
上がりのかかるレースは不得意で瞬発力勝負ならこのクラスでもやっていけるレベル。
あえてこの条件を使ってきたのは若干?だが能力的には勝負になる。



中山11R 芝1800 16000万下 勝負度C

◎4 アッフィラート (5番人気)
対抗馬とどちらにするか悩んだがこちらを本命に。
1000万下の同舞台勝ち時計が優秀で、負かした相手もヤマニンエルフィンやエイシンティンクルと
勝ち上がっている馬たちが揃っておりメンバーレベルは高かった。
前走も先行勢が上位を占める中、勝馬と0,1秒差、上がり最速で3着まで持ってきて力を見せている。
メンバー的にミドルペースぐらいにはなりそうなので、差してこれる足をもった本馬は魅力。
平場レベルなら戸崎も十分信頼できるし、地味にグローリーヴェイズの3着もあり能力の高さは感じる。
※戸崎インフルで乗り替わりだが北村ならOK


○3 レッドシルヴィ (7番人気)
もちろん勝利が全て中山のレッドシルヴィを買わない理由もない。
相手も結構強いが前走の持ちタイム的にはそこまで劣っていないし臨戦態勢も叩いて二戦目でバッチリ。
得意の中山で負ける時は大体がポジションを取れない時。ゲートは出てみないと分からないが
そこさえこなせるのであれば十分に勝ち負けできるはず。
対抗評価なのはポジション取れないと普通に負けてしまうことやメンバーレベルの高さ、鞍上の技術などを加味した結果。





朝時点でシゲルシイタケとタイセイエクレールが全く人気してなくて嬉しいっすねぇ
シイタケくんとか普通に頭までありそうなんだけどなぁ。中山のレースくっそ強くない?
あとすばるSのヴェンジェンスは力を認めつつ、これはルメール人気だよなぁって感じ。
ゆーても京都0勝ですし、ドライブナイトとスマートダンディの方がよっぽど怖いけどなぁ。


今日はこの6レースに全力出すぞ!
紐含めて考えるんでレース見直してきます!!

俺はやる

今日こそヤるぞ!!



最新記事